MENU
本ブログにはアフィリエイト広告が含まれています。

在宅ワークを始めたい!初心者におすすめの求人サイト14選

「在宅ワークを始めたいと考えているけれど、どうやって探せばいい」というあなたへ。

この記事では、初心者にも分かりやすく、在宅求人の探し方や、信頼できる求人サイトを紹介します。

実際に多くの人が利用しているサイトから、初心者が安心して仕事を見つけられるポイントまで幅広くカバー。

読めば、在宅ワークに対する理解が深まり、自分に合った求人を見つける自信がつくはずです。

手に職をつけたい、家庭と仕事を両立させたい、そんな人におすすめです。

目次

在宅ワークのメリット・デメリット

在宅ワークのメリット

在宅ワークの最大のメリットは、なんといっても柔軟性

通勤時間がなくなるため、仕事とプライベートのバランスを取りやすくなります。

また、自分のペースで仕事ができるため、生産性の向上にもつながります。

さらに、家庭の事情で外出が難しい人や、遠隔地に住んでいる人にとっても、仕事の機会が広がります。

  • 柔軟な働き方
  • 通勤時間の削減
  • どこに住んでいても働ける

在宅ワークのデメリット

一方で、在宅ワークにはいくつかのデメリットもあります。

仕事と私生活の境界が曖昧になりがちで、仕事の時間が長引いてしまうこともあります。

また、一人で作業することが多く、孤独感を感じやすいです。

仕事の進め方に自己管理が必要になるため、自分を律する力も求められます。

  • 仕事と私生活の境界が曖昧
  • 孤独感を感じやすい
  • 自己管理が必要

在宅ワークを始めたいと考えたとき、これらのメリットとデメリットを理解し、自分に合った働き方を選ぶことが大切です。

興味がある仕事や、自分のライフスタイルに合った働き方を見つけるために、さまざまな求人サイトを利用して情報を集めましょう。

在宅ワークの働き方の種類

在宅ワークを始めるにあたって、まずは自分に合った働き方を選ぶことが大切です。

在宅ワークには様々な形態があります。

ここでは、契約関係と勤務時間による働き方の種類を解説します。

契約関係による働き方の種類

雇用型

雇用型の在宅ワークは、会社に正社員や契約社員として雇用される形態です。

安定した収入が期待でき、社会保険にも加入できるため、安心して働けるメリットがあります。

しかし、企業によっては勤務時間が厳格に決められている場合もあります。

業務請負化型(クラウドソーシング)

業務請負化型では、プロジェクトごとに仕事を受注します。

クラウドソーシングサイトを通じて、さまざまな短期の仕事に応募できるため、柔軟な働き方が可能です。

自分の得意な分野の仕事を選べる反面、収入が不安定になりがちな点には注意が必要です。

自営業型

自営業型は、自分でビジネスを立ち上げ、運営する形態です。自由度が高いのが魅力ですが、収入の不安定さ自己管理の難しさが挙げられます。

自分のスキルやアイデアを生かして、事業を成功させることができれば、大きなやりがいを感じられるでしょう。

勤務時間による働き方の種類

フルリモート(完全在宅勤務)

フルリモートは、週の勤務日すべてを自宅で働くスタイルです。

通勤時間がなく働く場所に制限がないため、時間と場所の自由度が高い働き方です。ライフスタイルに合わせて仕事をすることができますが、自己管理能力が求められます。

基本在宅勤務

基本在宅勤務は、主に自宅で働き、時にはオフィスに出勤するハイブリッドな働き方です。

オンラインとオフラインのバランスが取れた働き方ができ、チームとのコミュニケーションも保ちやすいです。

一部在宅勤務

一部在宅勤務は、週に数日だけ自宅で仕事をし、残りはオフィスで働く形態です。

ワークライフバランスを保ちやすい一方で、在宅勤務とオフィス勤務の切り替えが必要になります。

在宅ワークを始める際には、これらの働き方の特徴を理解し、自分のライフスタイルやキャリアプランに合った形を選ぶことが重要です。

自分に合った働き方を見つけることで、在宅ワークのメリットを最大限に活かすことができるでしょう。

在宅ワークの探し方

ここでは在宅ワークを見つけるための4つの方法を紹介します。

これらの方法を活用して、あなたに合った在宅ワークを見つけましょう。

求人サイト

最も一般的でアクセスしやすい方法の一つが、求人サイトの利用です。

総合求人サイトや転職エージェントなど、多種多様なサイトが存在します。

  • おすすめポイント: 幅広い選択肢から、自分のスキルや興味に合った仕事を見つけやすい。
  • 注意点: 求人情報の質はサイトによって異なるため、信頼できるサイトを選ぶことが重要です。

直接応募

ある企業の在宅勤務制度に特に興味がある場合、その企業に直接応募する方法もあります。

企業の公式サイトの求人をチェックしましょう。

  • おすすめポイント: 直接企業とコンタクトを取るため、情報が正確です。
  • 注意点: 在宅ワークのポジションが限られている場合があるため、複数の企業を検討することが大切です。

ハローワーク

公共の就職支援サービスであるハローワークでも、在宅ワークの求人情報を取り扱っています。

地元のハローワークを訪れるか、オンラインで情報を検索してみましょう。

  • おすすめポイント: 公的機関であるため、信頼性が高いです。
  • 注意点: 在宅ワークの求人が少ない場合があるので、定期的にチェックすることが大切です。

知人からの紹介

友人や家族、以前の同僚など、知人からの紹介も有効な方法です。

彼らが在宅ワークの情報を持っているかもしれません。

  • おすすめポイント: 知人からの情報は信頼性が高く、また企業側も紹介による応募者を好む傾向にあります。
  • 注意点: 知人のネットワークに依存するため、広範な検索は難しいかもしれません。

これらの方法を組み合わせて使うことで、より多くの在宅ワークのチャンスを見つけることができます。自分に合った働き方を見つけて、新しいキャリアをスタートさせましょう。

おすすめの求人サイトの選定基準

在宅ワークを探し始めるとき、どの求人サイトが自分に合っているかを判断するのは難しいかもしれません。

以下の基準を参考にして、信頼できるサイトを見つけ、理想の在宅ワークに応募しましょう。

信頼性と評判

信頼性と評判は、求人サイトを選ぶ際の最も重要な基準です。

サイトがどれだけ信頼できるかは、その上で掲載されている求人の品質を左右します。

  • レビューと評価: オンラインでのユーザーレビューや評価を読んで、他の人がどのような経験をしたかを確認しましょう。
  • 実績: サイトがどのくらいの期間運営されているか、どのくらい多くの人に利用されているかも、信頼性の指標になります。

会員数と求人数

サイトの会員数求人数は、そのサイトがどれだけ人気があるか、またどれだけ多くの機会を提供しているかを示します。

  • 豊富な求人: 多くの求人があるサイトは、さまざまな業界や職種の中から選ぶことができます。

更新頻度と求人の多様性

更新頻度が高く、求人の多様性があるサイトを選びましょう。

これは、新しい機会が常に提供され、より多くの選択肢から仕事を見つけることができることを意味します。

利用しやすさ

サイトの利用しやすさも重要です。

求人検索や応募プロセスが簡単で直感的なサイトほど、ストレスなく仕事を見つけることができます。

利用にかかる料金

ほとんどの求人サイトは無料で利用できますが、一部にはプレミアムプランを提供しているところもあります。

料金が発生するサービスを利用する場合は、コストと利益を比較しましょう。

サポート体制

特に初心者にとって、履歴書の書き方や面接のコツなど、就職活動に役立つサポート体制が整っているサイトは大きなメリットです。

安全な求人の見つけ方

  • 企業情報の確認: 応募前には、企業の公式サイトやソーシャルメディアをチェックし、企業情報を確認しましょう。
  • 不明瞭な条件に注意: 給与条件や仕事内容が不明瞭な求人は避けるべきです。

自分のスキルや経験を活かす求人の見つけ方

  • スキルリストの作成: 自分の持っているスキルや経験をリストアップし、それに合った求人を探しましょう。
  • 専門分野に特化したサイトの利用: 自分の専門分野に特化した求人サイトを利用すると、より適切な仕事を見つけやすくなります。

これらの基準を参考にして、自分に最適な在宅ワークを見つける求人サイトを選ぶことができます。安心して仕事を始められるように、慎重にサイトを選びましょう。

求人サイトの種類

在宅ワークを探す際、どの求人サイトを使えば良いか迷っていませんか?

初心者にも分かりやすく、在宅ワークを探すための求人サイトの種類とその特徴を解説します。

自分に合ったサイトを見つけて、理想の在宅ワークを探しましょう。

総合求人サイト

総合求人サイトは、さまざまな業界や職種の求人を扱っているため、幅広い選択肢から在宅ワークを探すことができます。

これらのサイトは、特に在宅ワーク初心者にとって、どのような仕事が存在するのかを知る良い出発点になります。

メリット

  • 選択肢の多さ:さまざまな職種や業界から選べるため、幅広い選択肢を探求できます。
  • 利便性:一つのサイトで多くの求人情報を比較・検討できるため、効率的に仕事探しが可能です。

デメリット

  • 情報過多:求人情報が多すぎて、選択肢を絞り込むのが難しい場合があります。
  • 在宅ワークの情報が限定的:オフィス勤務を前提とした求人が中心で、在宅ワークに特化した情報が少ないことがあります。

初心者向けポイント

  • 在宅ワークの職種を調査する:総合求人サイトでは、仕事の種類が豊富なため、まずはどのような在宅ワークがあるのか探索するのに適しています。
  • フィルタリング機能を活用する:職種、勤務地、給与などの条件で絞り込み、自分に合った求人を見つけましょう。
  • プロフィールを充実させる:応募する際には、履歴書や職務経歴書をしっかりと準備し、自己PRを充実させてください。

注意点

  • 詳細な検索の必要性:在宅ワークに特化していないため、希望の条件を細かく設定して検索する必要があります。
  • 求人情報の確認:応募前には、求人情報の詳細をしっかりと確認し、企業の評判などもリサーチしておくことが重要です。

主な総合求人サイト

  • Indeed
  • リクナビNEXT

総合転職エージェント

総合転職エージェントは、様々な業界や職種の求人を扱い、転職者のサポートを行うサービスです。

専任のアドバイザーが履歴書の添削や面接対策を提供し、希望に合った求人を紹介します。

幅広い選択肢と個別のサポートがメリットですが、非公開求人も多く、自分の条件に合うかどうかの検討が必要です。

メリット

  • 選択肢の多さ:様々な業界と職種の求人にアクセスできる。
  • 非公開求人のアクセス:一般には公開されていない、特別な求人情報にアクセス可能。
  • サポート体制:専任のキャリアアドバイザーが履歴書の添削や面接対策などを手厚くサポート。
  • 交渉代行:企業との給与や条件交渉を代行してくれる場合がある。

デメリット

  • 非公開求人の多さ:求人の中に非公開求人が多く、自分で探すより時間がかかることがあります。
  • 希望と異なる求人の紹介:エージェントによっては、自分の希望とは異なる求人を紹介されることもあります。
  • 相性の問題:担当のキャリアコンサルタントとの相性が転職成功の鍵を握るため、相性が悪いとサポートを十分に受けられない可能性があります。

初心者向けポイント

  • キャリア目標とスキルの明確化:自分のキャリア目標と持っているスキルをはっきりさせましょう。
  • 複数のエージェントへの登録:異なるエージェントに登録して、それぞれのサービスを比較検討します。
  • キャリアアドバイザーとの密なコミュニケーション:キャリアアドバイザーとのコミュニケーションを頻繁に行い、自分の希望を明確に伝えましょう。
  • 専門的なアドバイスの活用:転職活動が初めての方は、市場の状況理解や履歴書の書き方など、専門家からのアドバイスを積極的に活用します。

注意点

  • エージェント選択の慎重さ:提供されるサービス内容や過去の利用者の評判を事前に確認しましょう。
  • 非公開求人への注目:非公開求人に注目する一方で、自分の条件に合っているかどうかをしっかり確認します。
  • 提案の慎重な検討:エージェントからの提案は、自分のキャリアプランに基づいて検討しましょう。
  • 自分のニーズの明確化:自分が何を求めているかを明確にし、それに基づいてエージェントを選びます。
  • 複数のエージェントを検討:一つのエージェントに限定せず、複数のサービスを検討することで、自分に最適なサポートを見つけられます。

主な転職エージェント

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント

総合転職エージェントは、特に転職市場に不慣れな方や、より良いキャリアアップを目指す方にとって強力なサポートを提供してくれまが、利用する際には上記のポイントを踏まえ、自分にとって最適なエージェントを見つけ出すことが重要です。

総合求人サイトと転職エージェントの違い

総合求人サイトでは、利用者が自分で求人を検索し応募します。多種多様な業界や職種の中から選べ、自分のペースで転職活動ができるのが特徴です。一方、転職エージェントは、専門のコンサルタントが一対一でサポートを提供し、履歴書の添削や面接練習など、転職プロセス全般をサポートします。自分で求人を探す手間を省きたい人や、専門的なアドバイスを求める人におすすめです。

総合求人サイトと転職エージェントではどちらを使うべきか?

転職エージェントは、個別サポートと豊富な求人提供で転職効率を高めますが、対面サービスが必要なため、全エリアでの利用が可能ではないことがあります。一方、転職サイトは自分のペースで求人を探し、企業からのオファーを待つことができ、長期的な転職活動に適しています。どちらが転職活動に最適かは個人の状況によるため、自身の条件や希望に合わせたサービス選択が重要です。サービスの併用も効果的な戦略となり得ます。

フリーランス向け求人サイト

フリーランス向け求人サイトでは、プロジェクトベースで働く仕事が多く、デザインやライティング、プログラミングなど、特定のスキルを活かした在宅ワークを見つけることができます。

フリーランスとしてキャリアを築きたい人におすすめです。

メリット

  • 専門性の高い仕事:特定のスキルを持つフリーランサーに向けた、専門性の高い仕事を見つけることができます。
  • 柔軟な働き方:プロジェクトごとに仕事を選べるため、自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能です。

デメリット

  • 仕事の不安定性:プロジェクトが終了すれば仕事がなくなるため、収入が不安定になるリスクがあります。
  • 自己管理の必要性:仕事の獲得から納期管理、税金の処理まで、全て自分で管理する必要があります。
  • 実績やスキルが求められることが多い:フリーランスとしての実績やスキルが求められるため、完全な初心者にはハードルが高い場合があります。

初心者向けポイント

  • スキルが活かせる:ある程度のスキルや経験をお持ちの方は、自分の専門性を活かせるフリーランス向けサイトからスタートすると良いでしょう。
  • ポートフォリオを準備する:自分のスキルや過去の実績を示すポートフォリオを準備し、求人応募時に提出できるようにしましょう。これは、あなたの能力を示す重要なツールとなります。
  • 小規模プロジェクトから始める:大きなプロジェクトに挑戦する前に、小規模な仕事から始めて徐々に実績を積み重ねることが大切です。これにより、フリーランスとしての信頼性を高めることができます。

注意点

  • 契約内容をしっかり確認する:仕事を始める前に、報酬、納期、納品物の詳細など、契約内容をしっかりと確認し、書面で残しておくことが重要です。これにより、後々のトラブルを避けることができます。
  • 競争が激しい:プロジェクトによっては競争が激しく、安定した収入を得るまでに時間がかかることもあります。
  • 詐欺に注意する:フリーランス向けの求人には、残念ながら詐欺的なものも存在します。事前に企業の評判をチェックし、不審な点があれば応募を避けるようにしましょう。

主なフリーランス向け求人サイト

  • Wantedly
  • Workship

フリーランス向け転職エージェント

フリーランス向け転職エージェントを利用すると、様々な業界のフリーランス案件にアクセスできます。

これらのエージェントは、専門性の高い案件を紹介し、契約から報酬交渉までサポートしてくれるため、フリーランスとしてのキャリアをスムーズに進めることができます。

しかし、案件によっては高いスキルや経験が求められることがあります。

初心者は、自分のスキルや経験に合った案件を見つけること、そして案件紹介の前にポートフォリオをしっかりと整備しておくことが重要です。

また、エージェントを選ぶ際には、サポート体制や利用者の評判を確認することも忘れないでください。

メリット

  • 専門性の高い案件へのアクセス:様々な業界から選べるため、幅広い選択肢を探求できます。
  • 個別のキャリアアドバイスとサポート:一つのサイトで多くの求人情報を比較・検討できるため、効率的に仕事探しが可能です。
  • 契約交渉や報酬の最適化サポート:プロフェッショナルなアドバイザーがサポートするため、条件交渉がスムーズに進みます。

デメリット

  • 高度なスキルや経験の要求:特定の案件では高い専門性や経験が求められることがあります。
  • 案件とのマッチングに時間がかかること:自分にぴったりの仕事を見つけるまでに時間が必要な場合があります。

初心者向けポイント

  • 自分の能力と希望をはっきりと伝える:自分のスキルやキャリア目標を明確にすることが重要です。
  • 経験を積むために小規模プロジェクトから始める:初めは小さなプロジェクトや短期間の仕事から経験を積むことをお勧めします。

注意点

  • 複数のエージェントを検討する:サービス内容や過去の利用者の評判を比較し、最適なサポートを提供するエージェントを選びます。
  • キャリアゴールに合ったエージェントの選択:自分のキャリアゴールに合ったエージェントを選びましょう。エージェントの選択に際しては、自分自身のキャリア目標やスキルレベルに合わせた適切な選択が重要です。

主なフリーランス向け転職エージェント

  • レバテックフリーランス
  • レバテッククリエイター

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトを利用すると、さまざまな業務をオンラインで請け負うことができます。

これらのサイトは、特に多様な仕事を経験したい人や、自分のスキルに合ったタスクを見つけたい人に適しています。

メリット

  • 多様な仕事の選択肢:幅広いカテゴリーの中から、自分のスキルに合った仕事を見つけることができます。
  • 柔軟な働き方:自分のライフスタイルに合わせて、仕事の量や時間を調整することが可能です。
  • 初心者でも始めやすい:小規模なタスクから始められるため、初心者でも参入しやすいです。また、様々な仕事を経験することができます。

デメリット

  • 低単価の仕事が多い:初心者向けの仕事は単価が低いことが多く、高収入を得るにはスキルアップが必要です。
  • 競争が激しい:多くのフリーランサーが同じ仕事に応募するため、仕事を獲得するまでに時間がかかることがあります。

初心者向けポイント

  • 小さな仕事からコツコツと:初めは小さな仕事から始め、徐々に実績を積み上げていくことが重要です。これにより、信頼性を高め、より良い条件の仕事を獲得しやすくなります。
  • 自分の適性を見つけやすい:様々なタスクを経験し、自分の得意分野を見つけるのに適しています。
  • スキルアップを心がける:より多くの仕事を獲得し、収入を増やすためには、継続的なスキルアップが必要です。オンライン講座などを利用して、常に学び続けましょう。

注意点

  • 契約条件を確認する:仕事を始める前に、報酬や納期などの契約条件をしっかりと確認し、合意の上で作業を開始してください。
  • プライバシー保護に注意する:個人情報の取り扱いには十分注意し、安全な取引を心がけましょう。
クラウドソーシングサイトと他の一般的な求人サイトとの違い

クラウドソーシングサイトでは、様々な短期の仕事やプロジェクトがオンライン上で提供され、フリーランスや個人がそれらを選んで請け負います。主に、デザイン、ライティング、プログラミングなどの仕事があり、自宅からリモートで作業を行うことが多いです。一方、一般的な求人サイトは、長期的な雇用を目的としたフルタイムやパートタイムの仕事を提供し、企業と従業員間の直接雇用を促進します。クラウドソーシングは柔軟な働き方を求める人に、求人サイトは安定した雇用を望む人に適しています。

フリーランス向け求人サイトとクラウドソーシングの違い

フリーランス向け求人サイトは、特定のスキルを持つプロフェッショナルが中長期のプロジェクトや定期的な仕事を見つけるための場所です。ここでは、専門性の高い仕事が多く、安定した収入を目指すことができます。一方、クラウドソーシングサイトは、さまざまな短期プロジェクトやタスクが公開されており、デザイン、ライティング、プログラミングなど多岐にわたる仕事に応募できます。ここでは、多様な仕事を通じて新しいスキルを身につける機会がありますが、仕事によっては単価が低いこともあります。

主なクラウドソーシングサイト

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • クラウディア

スキルマーケット

スキルマーケットは、個人が自分の特定のスキルを市場に提供し、それを必要とする人々が購入できるオンラインプラットフォームです。

デザイン、プログラミング、ライティングなど、様々な分野のフリーランスが自分のサービスを提供しています。

直接クライアントとやり取りをして、仕事の詳細を決定するのが特徴です。

メリット

  • 自分のスキルを活かせる:得意な分野で仕事を選べるため、スキルを存分に活かすことができます。
  • 高収入を得るチャンスがある:自分のスキルを直接市場に提供できるため、高収入を得るチャンスがあります。
  • フレキシブルな働き方:自宅や好きな場所で、自分のペースで働けるため、ワークライフバランスを保ちやすいです。
  • 幅広い仕事の選択肢:多様なプロジェクトがあるため、様々な仕事にチャレンジすることが可能です。

デメリット

  • 収入の不安定性:プロジェクトベースでの仕事が多いため、収入が不安定になりがちです。
  • 自己管理能力が求められる:仕事のスケジュール管理や収入管理など、全て自分自身で行う必要があります。
  • 自分で交渉する必要がある:自分でクライアントを見つけ、仕事の交渉を行う必要があるため、ビジネススキルも求められます。

初心者向けポイント

  1. 自分のスキルを明確にする:どのようなスキルを持っているのか、またはどのような仕事をしたいのかを明確にしましょう。
  2. ポートフォリオを準備する:自分のスキルや過去の実績を示すポートフォリオを作成し、クライアントに提供できるようにしましょう。
  3. 自己PRに力を入れる:: 特定のスキルや知識がある方は、スキルシェアサービスを通じて専門性を生かした仕事を探すことができます。自己PRに力を入れましょう。
  4. 小さな仕事から始める:最初は小規模なプロジェクトから始めて、徐々に実績を積み上げていくことが大切です。

注意点

  • 契約内容をしっかり確認:仕事を受注する前に、報酬や納期、納品物の条件など、契約内容をしっかりと確認しましょう。
  • 詐欺に注意する:不当に低い報酬を提示されたり、仕事の内容が曖昧な案件には注意が必要です。信頼できるプラットフォームを選び、クライアントの評判を事前にチェックしましょう。
クラウドソーシングとスキルマーケットの違い

クラウドソーシングは、多くの個人が小さなタスクをオンラインで請け負うシステムです。一方、スキルマーケットは個々の専門家が特定のスキルやサービスを提供し、それを必要とする人が直接購入するプラットフォームです。簡単に言うと、クラウドソーシングは「多くの人が小さな仕事をする場」、スキルマーケットは「専門スキルを持つ人がサービスを提供する場」と言えます。

主なスキルマーケット

  • ココナラ
  • タイムチケット

【種類別】初心者におすすめの求人サイト14選

幅広い職種をカバーする大手求人サイト

①Indeed

                                       出典:https://jp.indeed.com/

Indeedは、毎月3.5億人以上のユニーク訪問者を持つ世界最大級の求人検索エンジンです。

日本でも月間3,700万以上の訪問があり、多種多様な業界や職種の求人情報を広くカバーしています。キーワードや勤務地に基づいて求人を検索でき、直接企業に応募することが可能です。

また、履歴書をアップロードしておけば、企業からスカウトされるチャンスもあります。

求人情報の掲載方法には、ウェブ上から自動的に情報を収集する「クローリング掲載」と、雇用主が直接情報を投稿する「直接投稿」があり、求職者にとっても企業にとっても便利なプラットフォームとなっています。

  • 世界最大級の求人検索エンジン: Indeedは毎月3.5億人以上のユニーク訪問者が利用。
  • 日本での広範な利用: 日本でも月間訪問数が3,700万以上に上る。
  • 利用は無料。
  • 幅広い求人情報: 様々な業界や職種の求人情報を提供。
  • 直接応募可能: キーワードや勤務地に基づいて求人を検索し、企業に直接応募できる。
  • スカウトのチャンス: 履歴書をアップロードしておくことで、企業からスカウトされる可能性がある。
  • 求人情報の掲載方法: ウェブ上から自動的に情報を収集する「クローリング掲載」と、雇用主が直接情報を投稿する「直接投稿」の2種類がある。
  • 求職者と企業に便利: 求職者には便利なツールであり、多くの企業が採用活動に活用している。

②リクナビNEXT

                                      出典:https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、日本最大級の登録者数を誇る転職サイトです。

1400万人以上の会員と日本最大級の求人情報量が特徴で、AIを活用した高度なレコメンド機能により、個々のユーザーに最適な求人を提案します。

また、企業からダイレクトにオファーが届くスカウト機能があり、幅広い職種に対応しています。

さらに、多様な働き方の条件を細かく絞り込んで求人を検索できるため、自分に合った次の働き方を見つけやすいのが魅力です。

利用は全て無料で、登録者は転職エージェントからの個別オファーも受け取ることが可能です。

  • 日本最大級の会員数:会員数は1400万人以上と、日本最大級。
  • AIレコメンド機能:AIを活用した高度なレコメンド機能でユーザーに最適な求人を提案。
  • スカウト機能:企業からダイレクトにオファーが届くスカウト機能があり、能動的な転職活動をサポート。
  • 幅広い職種の対応:多岐にわたる職種への対応と、多様な働き方の条件で求人検索が可能。
  • 細かなマッチングサポート:グッドポイント診断や働き方のこだわり条件を利用した細かなマッチングを提供。
  • 利用料金の無料:サイトの利用は全て無料で、転職エージェントからの個別オファー受け取りも可能。

総合転職エージェント

③リクルートエージェント

                                      出典:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、一般の求人サイトにはない多数の非公開求人を提供する転職支援サービスです。

各業界に詳しいキャリアアドバイザーが、希望やスキルに合った求人を選んで紹介し、応募書類の添削や面接対策、企業情報の提供など、転職活動全般をサポートします。

サービスは企業からの紹介手数料で成り立っており、利用者は無料でサービスを受けることができます。特に、業界最大級の約30万件の非公開求人があり、求職者の可能性を広げるサポートを提供しています。

  • 個別サポート:キャリアアドバイザーが希望やスキルに合わせた求人を厳選して紹介。
  • 充実した転職サポート:応募書類の添削、面接対策、業界・企業情報の提供など、転職活動全般のサポートを提供。
  • 無料利用:サービスは企業からの紹介手数料で成り立っており、転職者からは一切料金が発生しない。
  • 豊富な非公開求人:一般には公開されていない約30万件の業界最大級の非公開求人を保有。
  • 業界に精通したアドバイザー:各業界の採用事情に詳しいキャリアアドバイザーが、個別のアドバイスを行う。

④マイナビエージェント

                                      出典:https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、マイナビが提供する無料の転職支援サービスです。

マイナビエージェントでは、各業界に精通したキャリアアドバイザーが、個人のニーズに合った求人を紹介し、未公開求人も含めた幅広い選択肢から最適なものを見つける手助けをします。

応募書類の添削や面接対策、条件交渉まで、転職活動の全過程をサポート。

国内最大級の転職支援実績を誇り、企業からの紹介手数料で運営されているため、利用者はサービスを無料で利用できます。

大手からベンチャー企業まで多様な求人があり、あらゆる業界の転職希望者をサポートします。

  • 業界別専門チーム:各業界に精通したキャリアアドバイザーが、プロの視点で個々に最適な求人をマッチング。
  • 豊富な非公開求人:サイトには掲載されていない、幅広い非公開求人を紹介可能。
  • トータルサポート:履歴書・職務経歴書の添削から面接対策まで、転職活動を全面的にサポート。
  • 無料利用:企業からの紹介手数料により運営されるため、利用者は無料。
  • 条件交渉代行:給与や入社時期などの細かな条件交渉を代行し、待遇面での相談にも対応。

フリーランス向け求人サイト

⑤Wantedly

                                    出典:https://www.wantedly.com/

Wantedly(ウォンテッドリー)は、企業の理念や文化に共感する形でマッチングする新しいタイプの採用プラットフォームです。

給与条件の代わりに、会社の価値観や目指す方向性を前面に出して、候補者との深い繋がりを築きます。

サービス開始から若い世代を中心に人気を集め、特にIT関連職種のユーザーが多いです。
また、登録者に対してダイレクトスカウト機能を用いて企業からの直接アプローチが可能です。

  • 共感ベースのマッチング:企業の理念や文化への共感を通じてマッチング。
  • 給与条件の非公開:給与条件を掲載せず、企業の価値観で差別化。
  • 利用料金:無料会員は無料。プレミアム会員は月額3,300円(税込)。
  • 若い世代に人気:サービス開始以来、特に若い世代から支持。
  • ダイレクトスカウト機能:アクティブな候補者へ直接アプローチできる機能。
  • 多職種への対応:さまざまな職種の募集が可能。

⑥Workship

出典:https://goworkship.com/

Workshipはフリーランスや副業人材に特化した求人・案件検索プラットフォームで、エージェントサービスサービスも利用することができます。

案件成約時には1万円のお祝い金が贈呈されるほか、無料で賠償責任保険が付帯し、万が一の際も安心です。

デジタル領域を中心に様々な職種のリモートワーク対応案件が多数あり、多くの企業から多様なプロジェクトが掲載されています。

マッチング後のチャットや契約書作成をオンラインで行え、専属カスタマーサクセスによるサポートも受けられます。

  • 職種の豊富さ:デザイナー、エンジニア、マーケターなど、デジタル領域を中心に幅広い職種の案件を提供。
  • お祝い金の提供:案件成約時には1万円のお祝い金が贈呈。
  • 利用料金:無料。
  • 賠償責任保険の自動付帯:無料で賠償責任保険が付帯され、万が一の際も安心。
  • エージェントサービスも利用できる:条件に合った企業を紹介し、案件探しの手間を省けるエージェントサービスを提供。
  • リモートワーク対応案件の豊富さ:リモートワーク対応の案件も多数あり、働き方の選択肢が広がる。
  • 専属カスタマーサクセスによるサポート:Workshipでは、専属のカスタマーサクセスが常駐し、契約後の働き方相談やトラブル時の対応を含む全面的なサポートを提供しています。

⑦Yenta

               出典:https://apps.apple.com/jp/app/yenta-business-sns-for-real/id1062187493

Yentaはビジネスパーソン同士の新しい出会いや、既存の繋がりの再会を促すビジネス版マッチングアプリです。

レコメンド機能で毎日10人が紹介され、お互いに興味がありだとマッチング成立、メッセージをやりとりして実際に会えます。

累計マッチング数は500万件を突破し、起業、出資、提携、採用などビジネスが加速する様々な出会いを提供します。

Yentaは、共感でつながる新しい形のBusiness SNSとして、ビジネスオーナーや採用担当者と直接繋がれることが特徴です。

無料で利用可能ですが有料版にするとさらに便利に使えます。

  • ビジネス版マッチングアプリ: ビジネスオーナーや採用担当者と直接つながることができる。
  • レコメンド機能とマッチング:レコメンド機能で毎日10人が紹介されてお互いに興味ありだとマッチング成立、メッセージのやりとりで実際に会える。
  • 累計マッチング数500万件突破: 幅広いビジネスの出会いや既存の人脈との再会を促進。
  • ビジネスの出会いを加速: 起業、出資、提携、採用など、多様なビジネスシーンで活用可能。
  • リアルなつながりにフォーカス: デジタルな繋がりではなく、人としてのつながりを大切にする。
  • 基本的に無料で利用可能: 有料版もあるが基本的に無料で使える

フリーランス向けエージェント

⑧レバテックフリーランス

                                     出典:https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランスエンジニア向けのサポート充実のエージェントサービスです。

専門的なコーディネーターが最新の業界動向に基づいた案件を提案、高単価案件の紹介や企業との交渉・契約代行を行います。

直接取引によるマージン圧縮や、経験豊富なフリーランス向けにマッチング精度の高い案件提案、案件参画中も徹底したフォローを提供。

案件の多くは大手企業からの直請で、高単価を実現。プロが営業活動を代行し、非公開案件も多数あります。

サービス利用は無料です。

  • 高単価案件の提供:直接取引で余分な手数料がかからず、業界トップクラスの高単価を実現。
  • マッチング精度の高さ:専門知識を持つコーディネーターが、フリーランスのニーズに合った案件を提案。
  • 充実したフォロー体制:キャリア相談から契約後のフォローまで、専任の担当者が徹底サポート。
  • 豊富な直請案件:大手企業から直接の案件が多数あり、高単価案件に参加可能。
  • 営業活動の代行:営業活動や業界調査を代行し、エンジニアがスキルアップに集中できる環境を提供。
  • 案件参画中もサポート:希望に沿って、契約更新・次の案件提案もサポート。
  • 非公開案件の豊富さ:Web上には掲載されていない多数の非公開案件があり、コーディネーターを通じてアクセス可能。
  • 無料利用:サービスはすべて無料で利用でき、企業からの紹介手数料で運営されているため、エンジニアに負担はなし。

⑨レバテッククリエイター

                                      出典:https://creator.levtech.jp/

レバテッククリエイターは、Web・ゲーム業界のフリーランスクリエイター向けの支援エージェントです。

最新業界動向や現場情報に精通したコーディネーターが、個々のキャリアプランに合致する案件を提案します。

単価交渉や契約代行はもちろん、参画中の不安を払拭する徹底サポートを実施。

業界内最高レベルの高単価案件を多数保有し、次の案件提案も迅速に行うことで、ブランク期間なく連続して仕事を提供します。

また、報酬支払いは業界最短クラスを実現しており、クリエイターの働きやすさを最優先に考えたサービスを提供しています。

  • 専門性の高い案件提案:業界動向と現場情報に精通したコーディネーターがキャリアプランに合った案件を提案。
  • 高単価案件の提供: 信頼による高単価案件獲得。
  • 案件提案・キャリア相談: 専門知識を持つカウンセラーによるサポート。
  • 日程調整・単価交渉: 商談対策や条件調整の代行。
  • 参画中のフォロー: 定期的なコミュニケーションと適切なサポート。
  • 契約期間満了前の迅速な提案: 次案件へのスムーズな移行。
  • 報酬支払いの迅速化: 業界内でも最短クラスの支払いサイクル。

レバテックフリーランスとレバテッククリエイターの違い

「レバテックフリーランス」と「レバテッククリエイター」は、いずれもフリーランスや派遣の契約形態で働く専門家に向けたエージェントサービスですが、専門分野が異なります。

レバテックフリーランス
  • 専門分野: ITエンジニアやプロジェクトマネージャー(PM)などの技術職に特化しています。
  • 目的: IT・Web系のプロジェクトにおける開発、設計、運用など幅広い技術分野でのフリーランス案件を提供します。
  • 利点: 高単価の直請案件や企業との単価交渉・契約代行など、技術者としてのキャリアアップと安定した収入を目指せるサポートが充実しています。
レバテッククリエイター
  • 専門分野: デザイナーやマーケター、その他クリエイティブ職に特化しています。
  • 目的: Web・ゲーム業界などで活躍するクリエイター向けに、デザインやマーケティング、コンテンツ制作などの専門案件を提供します。
  • 利点: 業界内での高単価案件へのアクセスや、クリエイティブ職特有のキャリア形成とプロジェクト参加のためのサポート体制が整っています。

両サービスともにフリーランスとしてのキャリアや専門性を活かしたい人材に対して、専門知識を持ったコーディネーターによる個別のキャリア相談や案件紹介、参画後のサポートを提供していますが、対象とする職種と提供するサービスの内容において違いがあります。

クラウドソーシング

⑩クラウドワークス

                                   出典:https://crowdworks.jp/

クラウドワークスは、個人もしくは法人が業務委託の仕事をオンラインで発注・受注できる日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

仕事の応募から提案、納品、そして報酬の受け取りまで全プロセスをインターネット上で完結できるため、在宅勤務や地方在住者でも全国の仕事を自由に選んで応募可能です。

安心の「仮払い」方式を採用しており、報酬は仕事開始前にクラウドワークスが依頼主から預かり、納品完了後に支払われます。

サポート体制も整っており、利用料は発注者が支払う報酬から一定のシステム利用料が差し引かれます。

  • 日本最大級のクラウドソーシングサイト: 多種多様な業務委託の仕事が発注・受注できる。
  • 全プロセスオンライン完結: 仕事の応募、提案、納品、報酬の受け取りまでオンラインで行える。
  • 「仮払い」方式: 仕事開始前に依頼主から報酬を預かり、納品後に支払われるため安心。
  • 豊富な仕事の選択肢: 在宅や地方在住でも全国の仕事に応募可能。
  • サポート体制: 専門スタッフによる使い方からトラブル対応までのサポートあり。
  • 安全・安心なサービス: AIによる規約違反の取り締まりなど、安全対策を実施。
  • 無料会員登録: 仕事の検索・応募・提案は無料で行える。
  • システム利用料: 契約金額に応じて5~20%システム利用料が発生する。

⑪ランサーズ

                                      出典:https://www.lancers.jp/l

ランサーズは、誰でも簡単に実績あるプロフェッショナルに仕事を依頼できる日本最大級のお仕事マッチングプラットフォームです。

350種類以上の多様なカテゴリで仕事を依頼でき、直接依頼により低コストかつ迅速な納品が可能。

外注サポート機能も充実しており、仕事を依頼する際に必要な各種管理機能が整っています。

さらに、持ち逃げリスクがない仮払い制度を採用しており、スキルや経験をパッケージとして出品する新機能も特徴です。

システム手数料は契約金額の16.5%で、仕事の取引完了時に報酬から差し引かれます。

  • 多様な仕事に対応:350種類以上のカテゴリでプロフェッショナルに仕事を依頼可能。
  • 低コスト&スピード納品:直接仕事を依頼することで中間コストを削減し、迅速な納品を実現。
  • 外注サポート機能が充実:下請法や源泉徴収、請求書支払い、クレジット決済など、依頼に必要な機能が完備。
  • 持ち逃げリスクゼロの仮払い制度:発注者が入金後、ランサーズが保管し、作業完了後に報酬を支払う安心のシステム。
  • スキルパッケージの出品:得意なスキルや経験を商品パッケージとして出品し、待っているだけで発注者からの仕事相談を獲得可能。
  • システム手数料:契約金額の16.5%。仕事の取引完了時に契約金額から手数料を差し引いて報酬を支払う。

⑫Craudia(クラウディア)

出典:https://crowdworks.jp/

Craudia(クラウディア)は、全国(全世界)のクライアントとワーカーを繋ぐクラウドソーシングプラットフォームで、業界最安水準のシステム手数料(3~15%)が特徴です。

「公募案件に応募する」「スキルを出品する」「オファーを待つ」の3つの方法で仕事を受注できます。

金銭や成果物のやりとりをクラウディアのシステム上で行うので、取引時のトラブルを軽減。

また、運営事務局から高単価の非公開案件へのスカウトもあり、受注チャンスが広がります。

クラウディアは、各種トラブル軽減措置と安心の取引環境を提供し、フリーランスの仕事探しを全面的にサポートします。

  • 業界最安水準の手数料: システム手数料が3~15%と、業界内で最安水準。
  • 多様な仕事受注方法: 「公募案件に応募する」「スキルを出品する」「オファーを待つ」の3つの方法で仕事を受注できる。
  • 安全な取引環境: 金銭や成果物のやり取りは全てクラウディアを経由し、トラブル軽減。
  • スカウトシステム: 運営事務局が独自に入手した高単価非公開案件へのスカウトがある。
  • 全国・全世界対応: 全国、さらには全世界のクライアントとワーカーを繋ぐ。

スキルマーケット

⑬ココナラ

                                       出典:https://coconala.com/

ココナラは、個人のスキルや経験をオンラインで気軽に売り買いできる日本最大級のスキルマーケットプラットフォームです。

450種類以上のカテゴリーを有し、サービスの提供から購入までをオンラインで完結できます。

利用者は自分のスキルや経験を基にサービスを出品し、テキスト、ビデオチャット、電話など多様な方法で提供可能。

すべての金銭取引はココナラが仲介し、安心・安全な取引を保証。さらに、365日の運営サポートがあり、スキルや経験のアピール、ポートフォリオやブログの投稿も可能です。

ココナラでは、サービスの比較検討が簡単で、自身の能力や知識を活かした副収入の獲得や、多様なニーズに応えるサービスの購入が可能です。

販売時の手数料22%です。

  1. 豊富なカテゴリー: 450種類以上の多様なカテゴリーからサービスを選び、提供・購入が可能。
  2. 販売時の手数料:販売時の手数料は22%です
  3. オンライン完結: サービスの提供から購入、お金のやり取りまで、全てオンライン上で完結。
  4. 安心・安全な取引: 金銭のやり取りはココナラが仲介し、安全な取引を保証。
  5. サービスの出品: 自身のスキルや経験を活かして、希望の金額でサービスを簡単に出品可能。
  6. スキル・経験のアピール: スキルや経験、ポートフォリオ、実績を登録し、自身の魅力をアピールできる。
  7. 記事の投稿・販売: ブログ投稿で情報発信やサービスの告知が可能。
  8. 365日の運営サポート: 利用者のサポートを年中無休で提供。
  9. 多様な提供手法: テキスト、電話、ビデオチャット、コンテンツなど、提供手法が豊富。
  10. 利便性と比較の容易さ: 提供サービスを詳細に比較検討し、自分に最適なものを選べる。

タイムチケット

                                     出典:https://www.timeticket.jp/

タイムチケットは、個人が持つ知識、スキル、経験を時間単位でチケット化し、売買できるユニークなマーケットプレイスです。

ユーザーはホスト(販売者)として、自分の時間をチケットとして発行し、承認したゲスト(購入者)に販売することが可能です。

このプラットフォームでは、個人間でのスキルシェアが気軽に行え、チケット販売から得た収益を得ることができます。

会員登録は無料で、チケット販売時にのみサービス利用料(手数料)が発生します。

安心・安全な取引システムを介し、問題なく取引が完了した後に実際の決済が行われます。

  • 時間をチケット化: 個人の知識、スキル、経験を時間単位で売買可能。
  • 無料でチケット発行: 会員登録や月会費は無料。チケット販売時のみ手数料発生。
  • 安心・安全な取引: タイムチケットが取引を仲介。事前仮支払いにより、安心して取引可能。
  • 手数料率の変動: チケット販売価格に応じて手数料率が変動。
手数料(サービス利用料

チケット販売価格に応じて、手数料(サービス利用料)率は変動します。

・5万円以下の部分 25%+税

・5万円超10万円以下の部分 20%+税

・10万円超 15%+税
公式サイトから引用

まとめ

在宅ワークを探す際、初心者には総合求人サイトから専門エージェント、クラウドソーシング、スキルマーケットまで幅広い選択肢があります。

最大のメリットは柔軟な働き方が可能であること、デメリットとしては仕事と私生活の境界が曖昧になりがちである点です。

信頼できる求人サイトを選ぶ基準には、信頼性と評判、会員数と求人数、更新頻度と求人の多様性、利用しやすさ、サポート体制などがあります。

フリーランス向けや特定のスキルを活かしたい人には、それぞれのニーズに合ったサービスを提供する特化サイトやエージェントの利用がおすすめです。

  • 幅広い選択肢: 総合求人サイト、転職エージェント、フリーランス向け求人サイト、クラウドソーシング、スキルマーケットが利用可能。
  • メリットとデメリット: 柔軟な働き方が可能だが、仕事と私生活の境界が曖昧になりがち。
  • 信頼できるサイトの選び方: 信頼性と評判、会員数と求人数、更新頻度と求人の多様性、利用しやすさ、サポート体制を基準に選定。
  • 特化サイトやエージェントの利用: フリーランスや特定のスキルを活かしたい人は、ニーズに合った特化サービスがおすすめ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次